404

米国ウエストバージニア州政府日本代表事務所

English

ウエストバージニア州のビジネス環境

ビジネスのおける優位性

  • ウエストバージニア州の労働者はその誠実な仕事ぶり、そして欠勤率、離職率の低さで他州を圧倒しています。
    製造業の離職率は6%です。
  • 事業コストは全米平均より14%低く、第三者格付け会社ムーディーズによればこれは全米で4番目の低さです。
  • 工業電力料金は全米で最も安い州に属し、全米平均より12%低いです。
  • 半径800km圏内に米国総人口の約半分、カナダ総人口の約2/3が居住しており、これらの地域にトラックで翌日配送が可能です。
  • ビジネスニーズに対応したコミュニティカレッジ、テクニカルカレッジのプログラムが整備されています。
  • 治安のよさ、安い生活費がビジネスに付加価値をもたらしています。生活費は全米平均の86%です。

成長戦略のための税制改革

  • 税の引き上げを行う州があるなかウエストバージニア州は減税を推進しており、法人純所得税は2014年から6.5%になりました。
    これによって法人の節税は年5300万ドル以上になります。
  • 事業免許税もここ数年段階的に軽減され、2015年完全撤廃されました。
    これによって推定5000万ドルの節税がされたとみなされています。
  • ウエストバージニア州は企業の税負担を軽減することを第一に考えています。

労働力と研修プログラム

  • 昨今のグローバル経済で競争力を維持するため、ウエストバージニア州では高い技術を有し、適応力のある労働者の育成に投資しています。
    「知事保証労働力プログラム」は新規設立企業や拡張をした企業に対し、従業員の研修・再研修プログラムの提供、また技術向上のための技術的・資金的援助を提供しています。
  • 州政府の機関であるWorkforce West Virginia局は独自のネットワークで、ウエストバージニア州の経営者が今日のグローバル経済の激しい競争に打ち勝つために、教育研修の機会を提供しています。

エネルギー事情

  • エネルギーはウエストバージニア州経済の伝統的な強みの一つです。ウエストバージニア州は全米でも有数の先進エネルギー研究で知られ、シェールガス、天然ガス、石炭、バイオマス、水素、風力、ソーラーなどの多様なエネルギーをそろえています。州内には世界最大級の石炭、ガス資源を有しています。
  • ウエストバージニア州はこれまでずっと米国の主要な電力の生産地となっており、州内で生産された電力の2/3は他州に送られています
  • ウエストバージニア州の「エネルギー計画」では、あらゆる形態のエネルギーを環境にやさしい方法で開発することを提唱しています。
    州内で投資している主要なエネルギー関連企業には、Dominion, Antello Resources, Markwest Energy Partners, Williams Partnersなどがあります。

ウエストバージニア州の日系企業

  • ウエストバージニア州には様々な日系企業が進出しています。
  • エリアマップ
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×