米国ウエストバージニア州政府日本代表事務所

English

        

アンテロ社、浄水化工場始める

004

4つの巨大な晶析装置が水と塩に分離をさせます。その後、水は水パイプラインに送られ、塩は塩廃棄場に埋め立てられます。アンテロリソーズ社の浄水装置は全米でも珍しい最新テクノロジーを使ったものです。2017年秋完成予定の2億7500万ドルを投入した同施設は、シェールガス採掘の際出るフラッキング水を浄水化し、再利用できるようにします。環境を長い目で見た場合、水のリサイクルは必要不可欠で、これによってトラック輸送距離を減らし、塩水廃棄井戸の使用を減らすものです。同施設はマーセラスシェール、ユーティカシェールの逆流水を処理するために特別に設計されました。また同施設では水からあらゆる金属そして自然発生した放射能を含んだ金属を取り除きます。その時点で表層利用できない生産水を地表に廃棄できる質の水と塩に分け、98%の精度で浄水化し、そのあと水から金属を取り除き残りの2%を残留物とします。その残留物は埋め立て廃棄の業者によって引き取られます。浄水化された水はアンテロ社の浄水パイプラインに戻され再利用されます。これによって水路からの取水を30-40%減らすことができます。

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×