米国ウエストバージニア州政府日本代表事務所

English

        

アパラチアンパワー社、再生可能エネルギーにシフト

004

同社は引き続き再生可能エネルギーにシフトしており、このたび風力発電2機の取得に動いています。そのうちの1機はグリーンブライヤ郡にあり50メガワットを発電する計画です。これらの風力発電機はInvenergy社によって特別に開発され、2018年より商業生産に入ります。アパラチアンパワー社によれば今回の買収の向かい風になったものは風力のコストが下がってきていること、そしてもう一つが連邦製造税額控除の延長です。

現在同社が生産する電力の61%が石炭によるもので、風力・太陽光は5%に過ぎません。しかし2031年までには石炭が51%となり、風力・太陽光は25%になる見込みです。

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×